TARGA III 動的振れシステム

drs-3 動的触れシステム当社のエリートシリーズ静電容量センサ専用の動的振れ設定。

Targa III はさまざまな速度でスピンドルの振れ (ウォブル) を測定し、最適な運転速度とリビルドする時点を把握することができます。

このコンピュータ ベースのシステムは Lion Precision 独自の動的振れ (DRO) 機能を備えており、TIR をリセットする必要なしにさまざまな条件で TIR をモニターすることができます。さらに標準の TIR もあります。

出力信号は、選択したピーク処理 (標準、最大、最小、TIR、または DRO) に比例したアナログ電圧を出力します。

スクラップの発生は収益の低下につながります。PCB ドリル加工業界では、ドリル作業室のスクラップの 10% ~ 15% は高速のスピンドル振れにより直接発生しています。

スピンドル振れとそれによるスクラップの発生を止める唯一の方法は、振れをモニターしてスクラップの発生前に防ぐことです。静電容量検出は、これを実行するための唯一の方法です (その理由を見る)。

このレベルでスクラップが低減する場合、最小 6 ヶ月で
投資回収することができます。

TARGA III 動的振れシステム:特徴

TARGA 3TARGA III スタンドは、高速回転軸の振れをモニターする唯一の静電容量ベースの専用システムです。

高分解能静電容量検出 - 高い信頼性、分解能、および精度 (なぜこれが重要かを見る)

ゲージ ピン サイズの選択 - 1/8"、2mm、1.75mm。

メートルおよびインチ単位 - 必要な測定単位で結果を表示します。

センサのプラグアンドプレイ - LabView に即座に接続します

Lion Precision による製造 - 1958 年以来、当社は高分解能かつ高速の静電容量計測において世界的リーダーであり続けています。当社の顧客サービスに匹敵するものはありません。

仕様

BNC 出力電圧

0 ~ 10 VDC – TIR、DRO モード
±5 VDC – その他のモード

BNC 出力電圧スケーリング

メートル単位:25 µm/V
インチ単位:0.001"/V

BNC 出力分解能

625 nm、0.000,025"

表示分解能

0.5 µm、0.000,02"

測定範囲

250 µm、0.010" (1/8" ピン)

近傍ギャップ

125 µm、0.005" (1/8" ピン)

システム入力電源

±15 VDC @ 0.25A

外部電源供給

出力:
+15 VDC、1.6A
–15 VDC、0.8A
入力:
100 ~ 240 VAC、50/60 Hz

動的振れ測定:
静電容量検出を選ぶ理由

静電容量検出は、スピンドルが運転速度で回転している間に、振れの回数と度合いを測定する唯一の測定法です。静的なダイヤルゲージによる測定は、動作中のスピンドル性能との相関がほとんどありません。

1994 年に最初の Targa システムを発売した際に、Lion Precision は「動的振れ (Dynamic Runout)」という用語を導入しました。 それ以来、生産環境で高速のドリル スピンドルを測定したケースは他にありません。これにより業界ではかなりの反響が生じ、「動的振れ」という用語は現在あらゆるドリル作業室で用いられています。

安価な測定システムは信頼できません。

現在市販されている安価な振れ測定システムでは、正確な結果を出すことができません。こうしたシステムでは、振れセンサに渦電流技術を使用しています。回転する強磁性の測定ターゲットの場合、渦電流技術はあまり有効ではありません。Targa III は、回転する測定ターゲットの影響を受けない静電容量センサを使用しています。この図は、渦電流センサと静電容量センサを使用し、同じスピンドルの振れを測定した結果を示しています。渦電流センサの出力は歪んでいます。これでは、有効な振れ測定を行うことはできません。静電容量センサの出力は歪みがなく、正確です。

組込み型測定システムには限界があります。

一部のボール盤には、レーザー測定システムが組み込まれています。「動的な振れ」を測定する際に、これらのシステムは主に工具の直径をチェックしているため、精度に限界があります。 これらのシステムは較正することができず、設定したドリル速度でしか測定することができません。しかし、穴寸法とスペースがますます縮小している現在、より高い精度が必要になっています。

ISO 9000 に適合しているのは Targa III だけです。

温厚な ISO 9000 の監査委員はお使いのボール盤に設置されている測定装置を見て、「これは本当に正確ですか?」と尋ねることでしょう。ISO 9000 に適合しており、NIST が追跡できる較正合格証と較正合格ステッカーが各システムに付いているのは Targa III だけです。

詳細については、当社の販売代理店にお問い合わせいただくか、英語版ウェブサイト製品カタログをご覧ください。

 

© Lion Precision - All Rights Reserved